トップページ > 動態管理システム モバロケ

動態・運行管理システム

動態管理システム「モバロケ」はインターネット環境があれば、いつでもどこでも車両の位置確認を行うことができます。
NTTドコモFOMA通信網を利用した業務量IP無線システム「ボイスパケットトランシーバー」をご利用いただくことで、全国エリアをカバーした通信が可能になりました。
車両の現在地や動態を的確に把握することにより、車両輸送効率が向上。顧客満足度にもつながる動態管理を実現します。

動態管理システム モバロケ

モバロケの構造
画像をクリックで拡大表示します。

動態管理システム「モバロケ」は、GPSで取得した移動体の位置情報が、動態管理ソフトがインストールされた業務用IP無線機「ボイスパケットトランシーバー」からNTTドコモのFOMA回線を通じて、モバイルクリエイトの「動態管理サーバ」に転送されます。

このサーバにアクセスすることによって、移動体の場所を画面上の地図で確認できます。事務所のパソコンだけでなく、外出先でもiPadやスマホで閲覧可能です。

モバロケ3つの特長

車両の位置をリアルタイムで把握したい

位置の見える化による輸送業務の効率化

車両の位置情報を地図で確認をしたり、走行状況を見える形で表示します。 より効率的・効果的な業務の運用が可能となり、コストの削減につながります。また、速度超過の管理など安全管理も可能です。

正確な位置を知りたい

高精細な位置表示

位置の見える化を支えるのは、マルチGPS受信機の採用と業務用IP無線システム「ボイスパケットトランシーバー」による正確でリアルタイムな車両表示によるもの。 パソコンだけではなく、スマートフォンや携帯電話からも位置情報を確認できます。

システムを安価に導入したい

驚きの低価格

お客様の業務形態に合わせたシステムの開発は高くつくと考えられがちです。 機器の開発から通信回路の運営まで当社が一貫して行っており、また、クラウドサービスにより自社にサーバーをおく必要がないために導入時の費用も削減できます。ランニング費用ともに驚きの低価格を実現。

機能紹介

すべての車両の運行状況を総合的に把握したい。

全車両の位置表示

位置表示

全車両を地図上で確認することが可能です。
画面では地図の上に車両の位置や向き、速度などが表示され、トラックやタクシーなどの業務車両の運行状況を一目で把握することができます。
また、パソコンをはじめスマートフォンや携帯電話で車両の位置情報を確認することができます。

過去のデータをベースにドライバーへの運転指導がしたい。

移動経路等の履歴データ表示機能

履歴表示

車両の移動経路を最短3分単位で履歴表示が可能です。
移動経路の確認ができるので、配送・走行ルートの見直しやお客様への配達証明に活用できます。
また、速度表示等をドライバーへの安全指導ができます。安全な運行管理ができるので、お客様への信頼が高まります。

特定の車両がどこを走っているか簡単に調べたい。

移動局追跡機能

移動局追跡機能

特定の車両の走行ルートを追跡するための便利な機能です。
追跡中の車両は常に地図の中央に表示されるので、追跡車両が画面外に出て見失うことはありません。

交通渋滞が発生!
その周辺にいる車両に連絡したい。

メッセージ送信機能

メッセージ送信機能

車両に対してメッセージを送信することができる機能です。
個別の車両から、複数の車両に送信が可能です。
メッセージを受信した車両はテンキーマイクや連動ナビにアラート音と共にメッセージが表示されます。
運転に集中していて通話ができないときや、通話をするほどでもない内容を送るときに便利です。

新規お客様の所在地を簡単に調べてドライバーに伝えたい。

住所検索機能

住所検索機能

住所から地図を検索して表示させる機能です。
入力画面に都道府県や市町村などの住所を入力します。
万が一ドライバーが道を把握できない場合に指令局からルートの支持を出すときなどに使用できます。

複数箇所目的地があるので、所要時間が知りたい。

ルート検索機能

ルート検索機能

任意のポイントへの移動ルートを検索して表示する機能です。
初めて行く場所のルート検索や配送ルートの最短距離を知るためにご利用いただけます。

お得意様の所在地を毎回検索するのは面倒・・・

目印登録機能

目印登録機能

お得意様やよく行く場所、駅など地図上の目印として登録ができます。
目印検索ができるので目的地を素早く地図上に表示することができます。
運送事業者様の場合、お得意さまから急な集荷依頼があったときに目印から地図上にお客様位置を表示すれば、近くにいる車両に対して集荷指示を出すことができます。

簡単でいいから運転日報が自動ででると便利だなあ。

オプション 運転日報機能

オプション 運転日報機能

オプションサービスとして、移動局の1日分の速度などの記録を日報として出力できる「運転日報機能」がございます。
管理体制強化をお考えのお客様におすすめです。
※但し、陸運局の許可帳票ではございませんのでその点をご理解の上ご利用ください。

システム導入のメリット

活用例

物流事業者

物流事業者

最新情報を共有し、最善のルートを確保
トラックがどこを走っているのか、ドライバーとの連絡が付かないので分からないと、お困りになったことはないでしょうか。
配達が予定通りに進んでいるのかを、ドライバーに確認しなくても、画面を見ると一目で分かります。
会社や家のパソコン、携帯電話等で位置確認ができるので、夜中に車両が事故にあった場合でも、運行管理者は迅速に対応をすることができます。

産廃事業者

産廃事業者

収集から廃棄までを動態管理
モバロケは各車両の移動履歴を管理してます。
収集から廃棄までの運搬経路を何日の何時にどの経路で行ったのかをきちんと管理することができます。
産業廃棄物は排出事業者に排出責任があります。
お客様から預かった産業廃棄物をきちんと廃棄するまで追跡可能システムを導入することで信頼を得ることができます。

生コン事業者

生コン事業者

限られた時間内にコンクリートを現場へ
生コンの運搬時間は90分以内!正確な車両位置把握ができるため時間内に対応できるかの判断に役立ちます。
万が一事故等にあった場合でも全車両位置が把握できてるから、代替車両の手配を迅速に行うことができます。

バス会社

バス会社

万が一の事故にも安心
運行中の事故や、バスジャックに遭遇してしまった場合、音声で正確な位置情報を伝えることは難しいですが、モバロケを導入していたら安心です。
音声で伝えなくても、車両から100m間隔(停車時は3分間隔)で位置情報が送信されるので、運行管理者は車両の正確な位置を地図上で確認することができます。

防災対策

防災対策

迅速な救助活動に役立つ
広域で安定した業務用IP無線システムを利用した動態管理なので、救助活動対象地区が限定されません。
またGPS内蔵・防水防塵性能を装備したハンディMPT-H1を使えば車両が入れない場所での救助活動が可能に。
安全対策本部は救助活動をしている人がどこにいるか確認できるから、災害に巻き込まれていないかの確認が可能です。

警備会社

警備会社

緊急時の連絡手段
GPS内蔵のMPT-H1を使えば、現場警備の方は車両移動中は車内に置いて本社は依頼通りの場所に向かっているか動態管理。
警備場所に到着したら、車内から持ち出して、緊急連絡に備えます。
もちろん持ち出した際もGPSで位置管理で来ているので、持ち場警備がきちんとできているかの確認もできます。

よくあるご質問

Q1 モバロケはどのような業種で使われていますか?
運送、産廃、新聞社、生コン、官公庁等、様々な業種で運用されています。
Q2 どのくらい広域に対応していますか?
NTTドコモFOMAサービスエリア内であればどこでも通信可能です。
Q3 事務局では、自動車のどのような情報を把握することができますか?
エンジンのON/OFF、移動速度、荷下ろし中や休憩中などの状態などの情報を把握することができます。
Q4 車両の速度管理もできますか?
可能です。現在の速度に加え、一定以上の速度を出している車の動態アイコン色を変更することも可能です。
Q5 車両の位置情報はどのようにしてわかるのですか?
ブラウザ上で閲覧が可能です。

 

Copyright © Mobile Create Co.,Ltd. All Rights Reserved.